正しい動きのストレッチでひざ痛を改善

宮田流ひざ痛<膝痛>改善マニュアルは、薬や注射の治療もしないで、1日7分程度のストレッチ体操で、ひざ痛改善に成功できる方法を公開しています。

このマニュアルの考案者、宮田トオルさんは、日本でも数少ないメディカルトレーナーで、運動療法の第一人者です。

宮田さんはこれまで、プロゴルファー、プロテニス選手、プロ格闘家、芸能人などの運動指導をしてきました。

ひざ痛には、痛みをとる、筋力をつける、ひざの可動範囲を広げる、という3つのテーマがあり、これらをどのようにしていくかで、意見が分かれています。

ひざの痛みをとるために病院へ行き、薬や注射を打つのは、あくまで補助的な方法で、対処療法にすぎません。

ひざ痛には運動療法が必要なのですが、一般的な筋力トレーニングでは、効果を上げることが中々できません。

それは、ひざ痛解消のために本来動かすべき動作になっていないからなのです。

宮田流ひざ痛<膝痛>改善マニュアルでは、正しい動きのストレッチ術を身につけることで、ひざの動きを良くし、可動範囲を広げていきます。

ストレッチは、手順に慣れれば、1日7分程度です。

この方法をマスターして、ひざ痛と上手に付き合い、一日も早く笑顔を取り戻しましょう。

詳細はこちら

インターネット回線に繋がったサーバー